国民年金について

 国民年金は、加入者が支払う保険料により高齢の方などを支える相互扶助の関係で成り立っています。高齢になったときはもちろん、病気やけがで障がいをもったときなどに年金を支給する制度です。

国民年金に加入しなければならない人

 加入者(被保険者)は、次の3種類に分かれます。
第1号被保険者20歳以上60歳未満で農業、自営業などの方とその家族・学生・無職の方、サラリーマンの妻でも夫の扶養になっていない方、外国人が日本に住所を有した方
第2号被保険者厚生年金や共済組合などに加入している会社員・公務員
第3号被保険者第2号被保険者に扶養されている配偶者(サラリーマンの妻など)で20歳以上60歳未満の方

任意加入被保険者

本人の申出により、次の要件に満たす方が任意加入することができます。
加入資格
1.日本に住む60歳未満で老齢(退職)年金を受けることができる方
2.日本に住む60歳以上65歳未満の方
(老齢基礎年金を受けていない方で、年金額を満額に近づけたい方や年金の受給資格期間に満たない方)

3.日本以外に住む日本国籍を持つ20歳以上65歳未満の方
4.昭和40年4月1日以前生まれの方で、老齢基礎年金の受給資格を満たしていない方(65歳から70歳までの間で、受給資格を満たすまで加入できます。)

 
このページの情報に関するお問い合わせ先
町民生活課 戸籍係TEL:0125-65-2113FAX:0125-65-2809