新型コロナウイルスに関連した肺炎について

お知らせ

 令和元年12月以降、中国湖北省武漢市において、新型コロナウイルスに関連した肺炎の発生が継続的に報告され、国では令和2年2月1日から新型コロナウイルス感染症を指定感染症として指定し、対策を強化しているところであります。
 今後の更なる感染拡大の防止に向けて、風邪やインフルエンザ予防と同様に、まずは咳エチケットや手洗い等、通常の感染対策を行うことが重要です。

 ◆日常生活で気をつけること◆
 帰宅時、調理の前後、食事前などにこまめに石けんで手を洗ったり、アルコール消毒を行いましょう。
 咳などの症状がある方は、マスクやティッシュ、ハンカチや袖を使って口や鼻を抑えるなど、咳エチケットを行ってください。
 持病がある方、ご高齢の方は、できるだけ人混みの多い場所を避けるなど、より一層注意してください。
 
 ◆次の症状がある方は、下記の相談窓口にご相談ください◆

  ・風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている
  (解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)
  ・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある
  ※高齢者や基礎疾患等のある方は、上の状態が2日程度続く場合

 *相談窓口*
 ・滝川保健所 0125-24-6201(平日8時45分~17時30分)
 ・北海道保健福祉部健康安全局地域保健課 011-204-5020
 (平日17時30分~21時00分、土日祝日9時00分~17時00分)
 
このページの情報に関するお問い合わせ先
保健センターTEL:0125-65-2131FAX:0125-65-2727