郷土館

石狩川の流れと共に過去を語り現在を考え未来を展望する

 明治22年(1989年)に開拓の鍬をおろされて以来、幾多の苦難を乗り越え、現在の奈井江町があります。
郷土館では、先人達の足跡を後世に伝えるべく、数多くの資料を展示しています。

施設概要

  • 住所   :北海道空知郡奈井江町字奈井江152番地
  • 展示室面積:262,300平米
  • 各施設  :展示室、特別展示室、収蔵庫
  • 収蔵資料数:約5,000点
  • 休館日  :毎週月曜日、年末年始(12月31日~1月5日)
  • 開館時間 :午前9時~午後5時

茶志内沼より発見された土器

開けゆく大地

消防ポンプ

マルチカラーコルトン

炭鉱

このページの情報に関するお問い合わせ先
教育委員会事務局 文化振興係TEL:0125-65-5311FAX:0125-65-5314